スポンサードリンク
CATEGORIES
リンク集
岩盤浴マット|岩草浴マットの効用
アテニア トライアル|ハッピーバッグ
ボトックス注射でシワなし人生
間違いない転職活動の仕方
円満退社を気持ちよくする方法
カードローン地獄へ落ちないで。
クッキーダイエット試してみたら
ハナテンで中古車査定してみたら
ヒアルロン酸、人気の秘密
リバウンド知らずのゆっくりダイエット
イオン効果でスキンケア
介護資格でキャリアアップしよう!
liz lisa TRALALA
野菜ソムリエ 資格〜シカクモチになりたい!
ベアミネラルでお肌の悩み無用
ダイエット理論化武装〜食餌療法
ダイエット理論化武装〜器具・手術編
ダイエット理論化武装〜エクササイズ(運動)
秘伝!ケーキ バイキング 食べ放題!
あなただけのバレンタインチョコ作りましょ。
バレンタインの贈り物は心をこめて
妊娠検査薬で気持ちもクリアーブルー
花粉症の方へ〜鼻対策できてますか?
VISAで北京オリンピックに応援に行こう!
地球温暖化するとホッキョクグマが絶滅する?
クイーポ バッグ 西村知美さんリクエスト
学資保険について考える。
知らないと損!高額医療の制度。
ホワイトデーに花束を
秘伝!賢い子に育つ勉強机の選び方
ダウ理論。FX初心者のための成功法則
エリオット波動理論。FX初心者のための成功法則
口臭、もう悩まないで!
産み分けはヨナッシュ・メソッドか、ピンクゼリー、グリーンゼリー
青梅マラソン、元祖市民マラソン大会
ハイドロカルチャーは、お部屋のオアシス
長岡式情報起業引退記念セール企画 情報起業 GOLDEN -AGE-
日経225先物取引のロスカットを考える。
化粧品通販ならDHCだよね。
わきが治療法比較〜わきが治療にはどんな方法があるの?
切ってもきれない冷え性と不妊の関係
あなたの家族が五月病になったら。
FX初心者のためのオススメ業者選び
2008年4月、メタボ検診義務化
必見!国の教育ローンについて考える。
子供保険っていったいどれがいいの?
ニチイ学館で医療事務資格を取る。
そうだ、医療事務専門学校に行こう!
加齢臭、嫌われるぞ!
相談員という仕事
がっちりセコロジー
平田牧場の三元豚、確かにウマかった!
望月こうせい対談音声〜成功するにはワケがある。
「成功の扉」を開く方法
アルクの幼児教育が今、話題。
「満腹たんぱく」はダイエットの救世主?
住宅用火災警報器、設置義務化!
サーマクールに失敗しないために
熟年離婚と年金分割制度の落し穴
京都 春夏秋冬
京都 極上のお食事処 極上のお食事処
海釣りでつった魚をおいしく料理する方法
妊娠カレンダー
睡眠時無呼吸症の対策と治療法
バストアップはビタミン・ミネラルでOK!
京都のおすすめスイーツお食事処
長野県飯田市のエコツーリズム
いびき対策、解消法グッズはこれだ!
マタニティ 通販で上手な服選び
マタニティ ママのかんたん栄養学。
アンタイトルメンのUntitledワールド
火災保険が支払われない!
小顔になれる!簡単マッサージ法
ヘアスタイルで小顔に見せる!
トヨタ、ホンダ、アメ車の賢い中古車選び

MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
OTHERS
 
医療費の増加が問題になっている日本の社会ですが、高額医療費の負担を軽くする制度があるのをご存知でしょうか? 高額医療費の制度を活用しよう!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
高額医療申請の条件
高額医療を利用するには、医療費が自己負担額を超えていることが条件ですが、それ以前に大事なことがあります。
それは、健康保険組合に加入していなければいけないということです。
これが、高額医療を申請するための必須条件です。

社会健康保険は、会社員やその家族が加入していますが、この保険料は給与から差し引かれるので、滞納する心配はありません。
しかし、国民健康保険の場合は、住んでいる市町村に保険料を納付しなければいけません。
銀行口座などからの口座振替や、自主納付(振込み)などの方法で、保険料は納付することができます。
最近は、コンビニから振り込むことが、できるようになった自治体もありますね。
自分の生活スタイルにあった方法を選べるようになり、随分 良くなりました。

これらの納付を怠ると、医療費に高額な費用を支払っても、高額医療費が還付されなくなってしまいます。
そればかりか、病院にかかって保険適用の治療を受けても、全額自己負担になってしまいます。

時折、保険組合に加入していない患者さんが病院にいらっしゃいます。
全額、自己負担の明細書を見て、ビックリされるようです。
保険組合に加入しているおかげで、3割で済む医療費と全額自己負担では、雲泥の差ですから驚くのも無理はありません。
自治体によっては、相談の上、少々さかのぼって保険組合に加入させてくれるところもあるようです。
このような事にならないためにも、保険料は必ず納付しましょう。

| 高額医療費の制度 | 00:00 | - | - | pookmark |
高額医療の時効について
医療費に関する計算は、とても複雑で難しく感じてしまいます。
治療や薬は、点数で計算されていますし、高額医療は、月単位・診療科単位などで算出しなくてはいけません。
しかし、保険適用外のものは、合算する事ができませんし、いろいろな規定もあります。

以前に、高額な医療費を支払った事があるけど、高額医療に該当するかどうかが分からず、そのままになっている方はありませんか?
高額医療に限らず、保険料の徴収や還付には、時効が存在します。
失効までの期限は、2年です。

高額医療に関して詳しくいえば、診療を受けた月の翌月1日から2年間は有効です。
ただし、診療費の自己負担金を診療月の翌月以降に支払った場合は、支払った翌日から2年間となります。
この期間を過ぎると、時効によって高額医療を還付してもらえる権利が消滅してしまいます。

この他にも保険料から還付されるものは、いろいろあります。
療養費・傷病手当金・出産手当金・出産育児一時金・埋葬料・埋葬費・移送費がそれにあたります。
時効は皆2年間で、時効の起算日についても、それぞれ規定があります。

高額医療に該当する人へは、通知書が送られてくるようですが、覚えはありませんか?
高額医療の還付申請をし忘れている覚えがあるならば、もしかしたらまだ間に合うかもしれません。
治療にかかった領収書を持参して、社会保険事務所や自治体に相談されては、いかがでしょう?
もしかしたら、忘れていたお金が戻ってくるかも知れませんよ。

| 高額医療費の制度 | 00:00 | - | - | pookmark |
高額医療の限度額について
高額医療の限度額は、とても複雑です。
所得によって、3段階に分かれているのですが、どのように分かれているのか見てみましょう。
 ●上位所得者・・・基礎控除後の総所得金額等が600万円を超える世帯をいいます
 ●一般・・・上位所得者以外の世帯
 ●住民税非課税世帯

この3つは、それぞれ限度額が違います。
 ●上位所得者・・・150,000円、さらに実際にかかった医療費が50万円を超えた場合は、超えた分の1%の額を加算
 ●一般・・・80,100円、さらに実際にかかった医療費が267,000円を超えた場合は、超えた分の1%の額を加算
 ●住民税非課税世帯・・・35,400円

12ヶ月間に4回以上の高額療養費の支給を受ける場合は、限度額がさらに変わります。
 ●上位所得者・・・83,400円
 ●一般・・・44,400円
 ●住民税非課税世帯・・・24,600円

70歳以上の場合は、下記の通りです。
 ●現役並み所得者・・・月収28万以上、課税所得145万以上
 ●一般・・・現役並み所得者以外
 ●低所得供ΑΑ住民税非課税
 ●低所得者機ΑΑ住民税非課税、さらに年金収入が80万以下

70歳以上の限度額
 ●現役並み所得者・・・80,100円、さらに実際にかかった医療費が267,000円を超えた場合は、超えた分の1%の額を加算(外来は44,400円)
            12ヶ月間に4回以上の高額療養費の支給を受ける場合は、44,400円になります。  
 ●一般・・・44,400円(外来は12,000円)
 ●低所得供ΑΑΓ横,600円(外来は8,000円)
 ●低所得者機ΑΑΓ隠,000円(外来は8,000円)

自分がどのランクか分からなければ、保険組合の窓口で確認すると良いでしょう。

| 高額医療費の制度 | 00:00 | - | - | pookmark |
高額医療費の現物給付化って何?
2007年4月に、高額医療に関する制度が一部新しくなりました。
今まで、70歳未満の方が入院する場合、入院費を支払ってからではないと高額医療の申請ができませんでした。
しかし現在は、病院の窓口で支払う金額は、限度額で良くなり、高額な医療費を支払わなくても良くなったのです。

これを『高額医療費の現物給付化』といいます。
ただし、注意しなくてはいけない点はあります。
まず一つ目に、認定証というものを発行してもらわないといけないという点です。
勤務先の事業所を管轄している社会保険事務所(国民健康保険の場合は市町村役場)に事前の申請をして、そこから発行される認定証を病院の窓口に提出しなくてはいけません。
これを怠ると、入院費を支払った後での高額医療申請という、従来通りの方法になってしまいます。

二つ目に、認定証は申請した月の初日からの適用になるという点です。
入院してからでも手続きはできますが、前月にさかのぼって適用を受けることはできませんので、注意しましょう。

いくら後で戻ってくるとはいえ、費用を立て替えるのは負担が大きいですよね。
もしかしたら、病気のために失業や休業といった新たな悩みに直面するかもしれません。
そのために、生活に困るようになっては大変です。
また、医療費が莫大な金額になると、借金が必要になるケースもあるそうです。
そうならないためにも、高額医療の制度を利用して、負担を軽くすることをお勧めします。

| 高額医療費の制度 | 00:00 | - | - | pookmark |
高額医療貸付制度と委任払い
どのような病気でも、入院費用は通院と比べ物にならないほどの費用を必要とします。
後日、申請すれば戻ってくる高額医療も、後でもらえるのなら最初から差し引いてくれればいいのに・・・と思いますよね。

このような悩みをなくすための制度があります。
それが『高額医療貸付制度』です。
これは、健康保険に加入している人であれば、誰でも利用できますが、組合や共済保険は適用になりませんので注意しましょう。
高額医療貸付制度とは、高額医療費が支給される見込み額の8〜9割を無利子で貸してもらえるという制度です。
入院費用にいくらかかったのかは、病院が診療報酬明細書というのを作成してから決定されます。
この審査が通るのが約3ヵ月後になりますから、それから貸付金の精算が行われます。
精算後、足りない分を支払うか、または残余分が振り込まれる仕組みですが、ほとんどの場合戻ってくることが多いのだそうです。

また、国民健康保険に加入している方は、『高額医療費の委任払い』という制度があります。
これは、限度額の支払いさえすれば、高額医療の分は加入している国民健康保険の市町村が支払ってくれるという仕組みです。
しかし、これは病院側と市町村の契約がされていないと不可能なので、自治体に問い合わせてみて下さいね。

医療費の心配をしていては、十分な治療を受けることはできません。
もしも、入院になるような事があったら、このような制度がある事を思い出してください。

| 高額医療費の制度 | 00:00 | - | - | pookmark |
高額医療の制度を知ろう
高額医療は、自分が加入している健康保険組合に申請しなくてはいけません。
この制度を知らずに申請をしなかったがために、払い戻しを受けなかった人が毎年多くいらっしゃいます。

大企業や公務員においては、申請をしなくても自動的に高額医療の算出をして、払い戻してくれるところもあるそうです。
会社によって、申請の仕方も還付される方法もさまざまです。
例えば、法律で定められている限度額は、一般の人で80,100円ですが、健康保険組合によっては違うところもあるようです。
自動車で有名なトヨタ自動車の健康保険組合では、この限度額が所得に関係なく20,000円なのだそうです。
申請をすれば、3ヵ月後の給与に合算して支払われる仕組みになっているようです。
これだけしっかり制度がなっていると、安心して治療に専念できますね。

中小企業に至っては、従業員に高額医療の仕組みを説明していないところが、まだあるようです。
おそらく、何のための健康保険なのかが分からないで、加入している人たちも多いのでしょう。
保険組合に加入をすれば、自己負担が3割で済むという知識だけでは、到底足りません。

民間の保険会社に頼るのも良い案ですが、せっかく保険料を納めて保険組合に加入しているのですから、どのような制度があるのかは知っておく必要があります。
いざという時に困らないように、自分が加入している健康保険組合ではどのような体制がとられているのかを一度、調べておくと良いですね。

| 高額医療費の制度 | 00:00 | - | - | pookmark |
高額医療が支給されるには
高額医療は老人にのみ適用されるわけではありません。
健康保険組合に加入していれば、誰でも受けることが出来るものです。

では、高額医療はどのような場合に支給されるのでしょうか。
同じ人が1ヶ月以内に、同じ病院で限度額を超えて負担金を支払った場合に、その超えた分が支給されます。
ただし、気をつけなくてはいけないのが1ヶ月以内という期間です。
1ヶ月といっても、月をまたいではいけません。
9月ならば、9月1日から9月30日までを1ヶ月とみなされます。

また、限度額も所得によって、3段階にわかれています。
上位所得者(総所得金額等が600万円を超える世帯)・一般所得者・住民非課税所得者の3段階です。

また、計算する時の注意事項もいくつかあります。
仮に一人の自己負担額が、高額医療の算定基準以下であっても、同一世帯で同じ月に2人以上の自己負担が21000円以上であれば、それらを合算して高額医療を請求することができます。
また、一人で一ヶ月以内に違う病院にかかり、それぞれの病院で自己負担が21000円以上あった場合も、請求することができます。
さらには、同一の医療機関でも診療科ごとに別々に計算・同一の医療機関でも入院と外来は別々に計算など、規定はいくつかありますから、注意しましょう。
入院に至っては、差額ベッド代や食事代などの保険対象外のものは、負担金には入りません。

入院ともなれば、負担する医療費も小額では済まないことが多いでしょう。
病院には、ソーシャルワーカーと呼ばれる方が必ずいらっしゃいます。
高額医療についても、分かりやすく説明してくれるはずです。
適用されるかどうか知りたい場合は、病院に行かれた際に相談されてはいかがでしょう。

| 高額医療費の制度 | 00:00 | - | - | pookmark |
高齢者の外来にかかる高額医療
医療保険の仕組みは、本当に複雑ですね。
何も知らずに受け身体制でいると、どんどん高くなる医療費に不安が増えるばかりか、損をする事にもなりかねません。
少しでも、知識を蓄えておくことが必要なのではないでしょうか?

2008年4月から老人保健制度が変わります。
一般の人で、70歳から74歳の人は、1割負担から2割負担へ変更になるそうです。
年齢を重ねれば重ねるほど、病気は治りにくくなります。
病院に支払う医療費が高くなると、負担も大きくなってしまいます。
万が一、入院などになって高額な医療費が必要になった場合は不安も大きくなりますね。
このような時のためにある制度が、高額医療です。

高額医療は、入院のみならず外来にも適用されます。
また、夫婦など同一世帯を合算して計算することもできます。
高額医療は、限度額が決まっていますから、限度額を超えていないと請求することはできません。

どのようなものか、高齢者の方の場合で見てみましょう。
例えば、70歳以上の夫婦が1ヶ月間のうち、通院外来で高額な医療費を支払ったとします。
一人20000円ずつ支払ったとしましょう。
この夫婦を一般所得者とした場合、一人あたりの限度額は12000円です。
ですから、一人あたり20000円−12000円=8000円が高額医療費となります。
この場合、夫婦2人とも20000円支払っていますから、高額医療費は8000円×2人=16000円が支給されることになります。

この限度額は、収入によってさらには、外来と入院でも金額が違ってきます。
また、自分で申請しないと支給されないので、知っておくと便利ですね。
高額医療を申請したい場合は、自分が加入している健康保険証の発行機関です。
国民健康保険の方は市町村役場へ、社会保険の場合は社会保険事務所で、手続きをして下さいね。

| 高額医療費の制度 | 00:00 | - | - | pookmark |
医療費の制度について
医療費の増加傾向が問題になっている現代社会ですが、医療費の負担を軽くする制度があるのをご存知ですか?

一番、馴染みが深いのは、医療保険制度でしょう。
国民健康保険や社会健康保険に加入していれば、70歳未満の一般人で3割負担で済むという制度です。
病院にかかる時に、保険証を提示するのは、これらに基づいて病院が請求を行うためです。

さらには、医療費助成制度というものもあります。
乳幼児医療費助成制度・子ども医療費助成制度・老人医療費助成制度などがよく知られているのではないでしょうか。
例えば、子ども医療費助成制度の場合、お子さんが病院にかかった時に、自治体が医療費を全額負担するというものです。
各自治体によって、適用される年齢はさまざまですが、中学生のお子さんでも、助成してもらえる自治体もあるようです。
70歳以上の方が、所得に応じて1割か3割負担で良いのは、この制度が適用されているからです。
もちろん、これらの助成を受けるには、健康保険に加入していないと適用されません。

他にもさまざまな制度がありますが、高額医療という制度はあまり知られていないようです。
正確には、高額療養費制度と言います。
高額医療を簡単に言うと、1ヶ月内に一つの診療科でかかった医療費が基準を超えた場合、保険組合から超えた分を払い戻してくれるという制度です。
これは、70歳未満と70歳以上でも基準が異なりますし、個々の収入によっても助成される金額が異なります。
医療費の自己負担額が高額になった場合は、この高額医療の制度を利用する事をお勧めします。

| 高額医療費の制度 | 00:00 | - | - | pookmark |