スポンサードリンク
CATEGORIES
リンク集
岩盤浴マット|岩草浴マットの効用
アテニア トライアル|ハッピーバッグ
ボトックス注射でシワなし人生
間違いない転職活動の仕方
円満退社を気持ちよくする方法
カードローン地獄へ落ちないで。
クッキーダイエット試してみたら
ハナテンで中古車査定してみたら
ヒアルロン酸、人気の秘密
リバウンド知らずのゆっくりダイエット
イオン効果でスキンケア
介護資格でキャリアアップしよう!
liz lisa TRALALA
野菜ソムリエ 資格〜シカクモチになりたい!
ベアミネラルでお肌の悩み無用
ダイエット理論化武装〜食餌療法
ダイエット理論化武装〜器具・手術編
ダイエット理論化武装〜エクササイズ(運動)
秘伝!ケーキ バイキング 食べ放題!
あなただけのバレンタインチョコ作りましょ。
バレンタインの贈り物は心をこめて
妊娠検査薬で気持ちもクリアーブルー
花粉症の方へ〜鼻対策できてますか?
VISAで北京オリンピックに応援に行こう!
地球温暖化するとホッキョクグマが絶滅する?
クイーポ バッグ 西村知美さんリクエスト
学資保険について考える。
知らないと損!高額医療の制度。
ホワイトデーに花束を
秘伝!賢い子に育つ勉強机の選び方
ダウ理論。FX初心者のための成功法則
エリオット波動理論。FX初心者のための成功法則
口臭、もう悩まないで!
産み分けはヨナッシュ・メソッドか、ピンクゼリー、グリーンゼリー
青梅マラソン、元祖市民マラソン大会
ハイドロカルチャーは、お部屋のオアシス
長岡式情報起業引退記念セール企画 情報起業 GOLDEN -AGE-
日経225先物取引のロスカットを考える。
化粧品通販ならDHCだよね。
わきが治療法比較〜わきが治療にはどんな方法があるの?
切ってもきれない冷え性と不妊の関係
あなたの家族が五月病になったら。
FX初心者のためのオススメ業者選び
2008年4月、メタボ検診義務化
必見!国の教育ローンについて考える。
子供保険っていったいどれがいいの?
ニチイ学館で医療事務資格を取る。
そうだ、医療事務専門学校に行こう!
加齢臭、嫌われるぞ!
相談員という仕事
がっちりセコロジー
平田牧場の三元豚、確かにウマかった!
望月こうせい対談音声〜成功するにはワケがある。
「成功の扉」を開く方法
アルクの幼児教育が今、話題。
「満腹たんぱく」はダイエットの救世主?
住宅用火災警報器、設置義務化!
サーマクールに失敗しないために
熟年離婚と年金分割制度の落し穴
京都 春夏秋冬
京都 極上のお食事処 極上のお食事処
海釣りでつった魚をおいしく料理する方法
妊娠カレンダー
睡眠時無呼吸症の対策と治療法
バストアップはビタミン・ミネラルでOK!
京都のおすすめスイーツお食事処
長野県飯田市のエコツーリズム
いびき対策、解消法グッズはこれだ!
マタニティ 通販で上手な服選び
マタニティ ママのかんたん栄養学。
アンタイトルメンのUntitledワールド
火災保険が支払われない!
小顔になれる!簡単マッサージ法
ヘアスタイルで小顔に見せる!
トヨタ、ホンダ、アメ車の賢い中古車選び

MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
OTHERS
 
医療費の増加が問題になっている日本の社会ですが、高額医療費の負担を軽くする制度があるのをご存知でしょうか? 高額医療費の制度を活用しよう!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
民間保険の上手な利用法
高額医療制度は、1ヶ月以内に高額な医療費を負担した場合に、自己負担限度額を超えた分を払い戻される制度です。

この制度を利用できると、例えば50万円の医療費がかかり、自己負担額が15万円だった場合、約6万円の高額医療費が還付されることになります。

しかしながら入院ともなれば、保険適用分の治療や薬のみならず、保険適用外のものだけでも、高額な金額になってしまいます。
しかも入院・手術をしたのが、月末だった場合などは、月をまたいで計算されることはないので、高額医療は全く戻らない事もあるのです。

それならば、高額医療が戻ってくるように、入院や手術を月初にしたら・・・と、思ってしまいます。
しかし、病気の進行状態や病院・医師の都合もありますから、そんな簡単にはいかないものです。

病気になると、結構なお金が必要になります。
長期にわたって治療を続けなければいけないような病気は、薬も保険適用外のものに切り替えられる事もあります。

全額自己負担の薬は、種類にもよりますが、とても高額で驚くほどです。
これに切り替えると、貯金を切り崩しても足りなくなるという話を聞きました。
高額医療で還付されても、それ以上に支払わなければならず、金銭的にも精神的にも辛い日々になってしまいます。

このような事態になる前に、民間の保険に入っておくのも一つの方法ですね。
どのような内容で、どんな保障があるのか、しっかり調べて、自分のスタイルに合った保険を選ぶと良いでしょう。

| 高額医療費の知識 | 17:56 | - | - | pookmark |
入院中の食事代は高額医療費の対象?
入院をすると、部屋代や食事代など、自己負担の分が結構かかるものです。
これらは、高額医療の対象になりませんから、入院期間が長くなると、負担も大きくなります。

食事代は、どうして自己負担なのでしょうか。
通常、私達は生きている限り、食事をします。
入院をしていなくても、食事を取るという行為は必要だという理由から、食事代は自己負担となっているのです。

とはいえ、食事代は全額自己負担になっているわけではありません。
一般の方が支払う食事代は、1食260円です。
しかし、実際に食事を作るには、材料費や人件費などがかかります。
ですから、260円以上にかかっている経費が入院時食事療養費として保険組合から支給されているのです。

このように、保険組合は高額医療のみならず、さまざまな給付を行っています。
アメリカでは、日本のような保険制度がありません。
ですから、多くの方は、ちょっとした風邪や病気は、市販の薬で治すのだそうです。
病気や出産で入院になると、かなり大変なようです。
民間の保険に入っていれば良いほうで、その保険料も高額なため、加入していない人が多いのだそうです。

日本のように、高額医療などといった制度もないのでしょうね。
保険組合に加入する事は、『国民皆保険』といって、日本では義務付けられています。
保険証があれば、どこの病院でも安い費用で高技術の治療が受けられるのが当たり前のように思っていました。
しかし、諸外国の話を聞くと、日本の医療保険がいかにしっかりしているかが分かりますね。

| 高額医療費の知識 | 00:00 | - | - | pookmark |
入院が長引いたら高額医療費はどう支払われる?
入院をすると、思わぬほど長引いたりすることがあります。
長くなると当然、医療費もかさんでしまいます。
手術のように多額な金額はいらなくても、病気によっては薬代だけでも相当な金額になるそうです。
また、定期的に行われる検査や毎日の食事代など、毎月の出費は家計を圧迫しかねません。

少しでも、負担を減らすための制度に高額医療というものがあります。
同一月内にかかった医療費が、限度額を超えれば申請できるものです。
70歳未満の一般所得の方の場合、限度額は約8万円ですが、長い入院になって負担が大きいと、この限度額が引き下げられます。
過去12ヶ月の間に3回以上高額医療費の支給を受けたことがあり、4回目の支給に該当する場合がそれにあたります。
この時の限度額は44,000円になります。

高額医療によって、払い戻される限度額は所得によって、異なります。
また、70歳以上・70歳未満によっても、限度額は違います。
しかし、医療機関によって差があることはありません。
高額医療の算出方法は、世帯の医療費を合算させることもできます。
しかし、外来と入院などが複数ある場合は、その算出方法も複雑なものとなります。

長引く入院や通院でも、高額医療が適用されない場合があります。
例えば、人工透析などが必要な慢性腎不全の場合は、月々の自己負担額の上限が10,000円と定められています。

高額医療のみならず、医療費に関する規定は、複雑で分かりにくいものが多いですね。
医療費の質問をする時は、病院のソーシャルワーカーや専門家に相談することをお勧めします。

| 高額医療費の知識 | 00:00 | - | - | pookmark |
知っていますか?年末調整と確定申告
確定申告や年末調整・医療費控除・高額医療など、知っているようでいてよく分からない事ってありますよね。
特に、申請の仕方や申請先が分からない方は、案外多いのではないでしょうか?

年末調整は、毎月給料から支払っている源泉所得税と実際の所得税の差額を精算してもらうものです。
扶養家族がいる場合は、扶養家族の所得なども記入しなくてはいけません。
また、加入している生命保険や損害保険があれば、これも控除の対象になりますので、記入しなくてはいけません。
これは、会社員が行うもので、会社側が本人に代わって、精算してくれるものです。

確定申告は、自営業者や年金受給者、さらには給与所得者で年末調整を受けていない人が、自分で申告することをいいます。
対象者は、その年の収入に対して所得税の金額を計算して、住んでいる地域の税務署に申告します。

医療費控除は、確定申告の際に、税務署へ申請します。
病院にかかった領収書などの合計金額が10万円以上あれば、申告することができます。
病院の多くは、領収書の再発行はしてもらえませんから、小額でもきちんと保管しておくと良いですね。
1回にかかる医療費は小額でも、家族全員の医療費を足せば『ちりも積もれば山となる』というように、案外たまっているものです。

高額医療は、保険組合に申請するもので、税金とは関係ありません。
1ヶ月間(同一月内)に、自己負担額を超えていれば、翌月でも申告可能です。
簡単に言えば、医療費が高額になった場合、保険から戻ってくる事を高額医療、税金から戻ってくるのを医療費控除といいます。

| 高額医療費の知識 | 00:00 | - | - | pookmark |
差額ベッド代について
病気によって差はありますが、入院ともなれば、手術や治療・薬代だけで高額になる場合があります。
さらには、食事代やベッド代など、保険が適用にならないものも、余分に払わなければいけない場合があります。

このベッド代を差額ベッド代といいます。
差額ベッド代は、入院する部屋の利用料の事です。
差額ベッド代が発生する病室を特別療養環境室といい、俗にいう個室のことをいいます。
また、個室でなくても、4人部屋以下の病室は、比較的ゆったりとしており、1人当たり6.4平方メートル以上あれば、差額ベッド代が請求されます。

差額ベッド代は、病院が独自で設定できますので、病院によって異なります。
なかには、ミニキッチンや応接セットまであるような、個室もあるそうです。
ちょっとしたホテルのようですね。

金銭的な負担を考えると、我慢をしてでも差額ベッド代が発生しない病室に入院したいものです。
差額ベッド代が発生しないという事は、病室代を支払わなくても良いという事です。
どのような病室かというと、6人部屋以上の病室、いわゆる大部屋と言われる病室です。
簡易カーテンで周りの人と仕切られているだけなので、プライバシーを保つにはちょっと窮屈ですが、負担は減りますね。
また、例えベッド数が4床以下であっても、1人当たりの病室の面積が6.4平方メートル未満であれば、差額ベッド代は発生しません。

差額ベッド代がかかる病室に入院しても、料金を払わなくて良い場合があります。
それは、医療機関側の都合によって個室に入院した時、同意書による患者の同意が無い時、救急患者や手術後など、治療上の必要から個室での療養が必要な場合は、請求されません。

差額ベッド代は、長い入院生活になると、とても高額になります。
どんなにたくさん支払っても、保険適用でないため、高額医療を請求することができません。
治療に高額な医療費がかかる場合などは、高額医療で還付された分でも差額ベッド代を補うことができないほどなのだそうです。
しかしながら、入院生活はいろいろなストレスもたまります。
高額医療は請求できなくても、差額ベッド代を支払ってゆとりある入院生活を送るのも、健康への近道かもしれません。

| 高額医療費の知識 | 00:00 | - | - | pookmark |
子どもの医療費負担について
子どもが風邪をひいて熱が出たりすると、治るまで何かと落ち着かないものです。
ましてや入院なんて事になったら、パニックになってしまいそうです。

子どもが病気や怪我をした場合の医療費は、以下のような制度で支払われます。
小さい子どもの場合は、乳幼児医療費助成制度というものを利用して医療費が支払われます。
対象者には、その証明となる乳幼児医療証が、住んでいる自治体から発行されています。

もしも、乳幼児が入院をしなくてはいけなくなった場合、通院や検査・手術などの費用の自己負担はありません。
これは、保険適用分を自治体が支払うからです。
もちろん、ベッド代や食事代などは、保険適用外になるので、ご家族が支払わなくてはいけません。

この場合の高額医療はどうなるのでしょう?
病院へ医療費を払ったのは自治体になりますから、医療費が高額な場合、保険組合に高額医療を申請するのは自治体になります。
家族が支払った費用は保険適用外なので、高額医療には該当しません。

現在は、中学生や高校生でも入院に関して、助成が出る自治体があります。
これを子ども医療費助成制度といいます。
この場合も、乳幼児と同じく高額医療の対象にはなりません。

子どもは、思わぬ怪我や病気をしたりすることも多いので、このような制度があると安心して病院にかかれますね。
「乳幼児医療費制度」や「子ども医療費助成制度」が何歳の子どもまでを対象にしているかは、住んでいる自治体によって違いますので、注意してください。

| 高額医療費の知識 | 00:00 | - | - | pookmark |
出産と高額医療費
高額医療は、負担金が限度額を超えた場合に、還付されるものですが、これに含まれないものに保険外の治療費があります。
高額な金額が必要なのに、保険外になるものの一つに出産費用があげられます。

出産にかかる費用は、普通分娩で約30万円ほど、さらには出産までに通院して定期健診を受ける費用が約7〜8万円と言われています。
これらの費用は、保険適用外となっていますので、高額医療が適用されません。
それは、出産が病気ではないという認識からなっているためです。

経済的にかなりの負担になるので、不安になってしまう事でしょう。
しかし、出産の場合、出産育児一時金というものが還付されます。
実際に分娩にかかった費用がいくらかに関わらず、一児につき一律35万円が支給されますから、忘れずに申請しましょう。

ただし、出産は正常な場合のみとは限りません。
帝王切開でお産をした場合は、これが手術という医療行為になりますので、保険が適用されます。
ゆえに、高額医療の支給対象となります。

出産は経済的負担も大きく、それゆえに少子化が進むなどといった問題があげられてきました。
しかし現在は、後日受け取るべき出産育児一時金を、医療機関が直接受け取れる制度も確定されています。
また、確定申告で申請をすれば、医療費控除を受けることもできます。

出産は何かと不安になるものですが、妊婦さんにとってストレスは大敵です。
これらの制度を上手に利用して、少しでもストレスをなくしましょう。

| 高額医療費の知識 | 00:00 | - | - | pookmark |
高額医療と医療費控除の違い
病院で働いていると、たまに患者さんから高額医療についての質問を受けます。
「1年間の領収書の合計が10万以上あれば、市役所に持っていけばいいのよね?」との内容ですが、どうやら高額医療と医療費控除を勘違いされている方が多いようです。

高額医療というのは、自分が加入している健康保険組合へ申請するものです。
保険証に記載してある保険者が管轄となります。
ですから、国民健康保険の方は市町村の役所へ、社会健康保険の方は保険者となっている会社か社会保険事務所へ・・という事になります。
また、対象となる医療費は、月別・病院別・診療科別・入院、通院別にそれぞれ計算しなくてはいけません。
さらには、保険適用外の費用は含まれませんから、注意しましょう。

医療費控除というのは、確定申告で税務署へ申請するものです。
1年間で一世帯の医療費の支払いが10万円以上あった場合に、申告することができます。
1年間に受け取った医療機関の領収書を、税務署へ提出します。
医療費控除の場合は、保険適用外のものも含まれますし、交通費も含まれます。
ただし、気をつけないといけないのは、保険金(給付金)は医療費から差し引く対象となるということです。
ですから、高額医療で還付された分は、医療費から差し引く計算になります。

実際に勘違いしている方の中には、高額医療も年末に申請すれば良いと思っていたようです。
もちろん、2年以内であれば申請は出来ますが、申請先が違うため、訳が分からなくなってしまうようです。
医療費控除は税金、高額医療は保険が還付されるものと覚えておきましょう。

| 高額医療費の知識 | 00:00 | - | - | pookmark |