スポンサードリンク
CATEGORIES
リンク集
岩盤浴マット|岩草浴マットの効用
アテニア トライアル|ハッピーバッグ
ボトックス注射でシワなし人生
間違いない転職活動の仕方
円満退社を気持ちよくする方法
カードローン地獄へ落ちないで。
クッキーダイエット試してみたら
ハナテンで中古車査定してみたら
ヒアルロン酸、人気の秘密
リバウンド知らずのゆっくりダイエット
イオン効果でスキンケア
介護資格でキャリアアップしよう!
liz lisa TRALALA
野菜ソムリエ 資格〜シカクモチになりたい!
ベアミネラルでお肌の悩み無用
ダイエット理論化武装〜食餌療法
ダイエット理論化武装〜器具・手術編
ダイエット理論化武装〜エクササイズ(運動)
秘伝!ケーキ バイキング 食べ放題!
あなただけのバレンタインチョコ作りましょ。
バレンタインの贈り物は心をこめて
妊娠検査薬で気持ちもクリアーブルー
花粉症の方へ〜鼻対策できてますか?
VISAで北京オリンピックに応援に行こう!
地球温暖化するとホッキョクグマが絶滅する?
クイーポ バッグ 西村知美さんリクエスト
学資保険について考える。
知らないと損!高額医療の制度。
ホワイトデーに花束を
秘伝!賢い子に育つ勉強机の選び方
ダウ理論。FX初心者のための成功法則
エリオット波動理論。FX初心者のための成功法則
口臭、もう悩まないで!
産み分けはヨナッシュ・メソッドか、ピンクゼリー、グリーンゼリー
青梅マラソン、元祖市民マラソン大会
ハイドロカルチャーは、お部屋のオアシス
長岡式情報起業引退記念セール企画 情報起業 GOLDEN -AGE-
日経225先物取引のロスカットを考える。
化粧品通販ならDHCだよね。
わきが治療法比較〜わきが治療にはどんな方法があるの?
切ってもきれない冷え性と不妊の関係
あなたの家族が五月病になったら。
FX初心者のためのオススメ業者選び
2008年4月、メタボ検診義務化
必見!国の教育ローンについて考える。
子供保険っていったいどれがいいの?
ニチイ学館で医療事務資格を取る。
そうだ、医療事務専門学校に行こう!
加齢臭、嫌われるぞ!
相談員という仕事
がっちりセコロジー
平田牧場の三元豚、確かにウマかった!
望月こうせい対談音声〜成功するにはワケがある。
「成功の扉」を開く方法
アルクの幼児教育が今、話題。
「満腹たんぱく」はダイエットの救世主?
住宅用火災警報器、設置義務化!
サーマクールに失敗しないために
熟年離婚と年金分割制度の落し穴
京都 春夏秋冬
京都 極上のお食事処 極上のお食事処
海釣りでつった魚をおいしく料理する方法
妊娠カレンダー
睡眠時無呼吸症の対策と治療法
バストアップはビタミン・ミネラルでOK!
京都のおすすめスイーツお食事処
長野県飯田市のエコツーリズム
いびき対策、解消法グッズはこれだ!
マタニティ 通販で上手な服選び
マタニティ ママのかんたん栄養学。
アンタイトルメンのUntitledワールド
火災保険が支払われない!
小顔になれる!簡単マッサージ法
ヘアスタイルで小顔に見せる!
トヨタ、ホンダ、アメ車の賢い中古車選び

MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
OTHERS
 
医療費の増加が問題になっている日本の社会ですが、高額医療費の負担を軽くする制度があるのをご存知でしょうか? 高額医療費の制度を活用しよう!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
民間保険も上手に利用しよう
高額医療制度は、1ヶ月以内に高額な医療費を負担した場合に、自己負担限度額を超えた分を払い戻される制度です。
この制度を利用できると、例えば50万円の医療費がかかり、自己負担額が15万円だった場合、約6万円の高額医療費が還付されることになります。

しかしながら入院ともなれば、保険適用分の治療や薬のみならず、保険適用外のものだけでも、高額な金額になってしまいます。
しかも入院・手術をしたのが、月末だった場合などは、月をまたいで計算されることはないので、高額医療は全く戻らない事もあるのです。

それならば、高額医療が戻ってくるように、入院や手術を月初にしたら・・・と、思ってしまいます。
しかし、病気の進行状態や病院・医師の都合もありますから、そんな簡単にはいかないものです。

病気になると、結構なお金が必要になります。
長期にわたって治療を続けなければいけないような病気は、薬も保険適用外のものに切り替えられる事もあります。
全額自己負担の薬は、種類にもよりますが、とても高額で驚くほどです。
これに切り替えると、貯金を切り崩しても足りなくなるという話を聞きました。
高額医療で還付されても、それ以上に支払わなければならず、金銭的にも精神的にも辛い日々になってしまいます。

このような事態になる前に、民間の保険に入っておくのも一つの方法ですね。
どのような内容で、どんな保障があるのか、しっかり調べて、自分のスタイルに合った保険を選ぶと良いでしょう。

| 高額医療費と保険 | 00:00 | - | - | pookmark |
保険に加入して受けられるもの
日本の保険制度は、国民全員が保険に加入することが義務付けられています。
保険に加入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?
今回は、保険によってどのような給付が受けられるのか見てみましょう。

私達が病院にかかると、診察や治療を受けたり、薬がもらえたりします。
これを『療養の給付』といいます。
これは、保険に入っていることで、医療費にかかる負担額が決められた負担のみでいい時の事をいいます。
いわゆる保険適用の分のことです。

この際、自己負担額が高額になった場合に、『高額医療』を受けることができます。
自己負担の限度額は、所録によって決められており、この限度額を超えた分を高額医療として還付されます。
高額医療を受けられない時は、出産や美容整形などの自費扱いの行為です。
ただし、帝王切開のように手術行為が行われた場合は、高額医療が受けられます。

また、入院した時の食事代として『入院時食事療養費』、病気や怪我で会社を休んだ時は『傷病手当金』、出産した時は『出産育児一時金』などが受けられます。
該当している人には、保険者(社会保険事務所や自治体)から、還付の通知が来るところもあるようです。
しかし、自分で申請をしないともらえないところもありますので、該当しそうな時は、よく調べてみると良いでしょう。
会社勤めの方は、会社に聞いてもいいですね。
せっかく、保険料を支払っているのですから、確実に受け取れるようにしたいものです。

| 高額医療費と保険 | 00:00 | - | - | pookmark |
国民健康保険加入者の高額医療
国民健康保険は、会社などの職場の健康保険に加入していない人が、加入の対象となっています。
ですから、会社員の家族に扶養されていない高齢者の方達は、国民健康保険に加入するということになります。

国民健康保険に加入している方の1ヶ月以内の医療費が高くなった場合、どのように高額医療を算出したらよいか見てみましょう。
まずは、70歳未満の方の場合です。
外来も入院も、患者負担の限度額を超えた額が、高額医療費として払い戻しされます。

次に、70歳〜74歳の方の場合です。
外来の場合は、患者負担の限度額を超えた額が、高額医療費として払い戻しされます。
入院の場合は、入院の患者負担限度額までの金額を支払えば、良いのです。

また、一世帯の医療費が高額になった時は、世帯で合算して計算します。
70歳未満の方で、外来の負担額がそれぞれ21,000円以上あれば、全てを合算し、世帯単位の限度額を超えた分が高額医療費として払い戻されます。
なかには、二世帯や三世帯が同居されている方達もいらっしゃるでしょう。
もしも、同じ世帯に70歳未満の方と70〜74歳の方がいる場合は、さらに複雑な計算になるようです。

75歳以上の方は、老人保険制度で医療を受けます。
一定所得者で、外来も入院も1割負担で済みます。
もちろん、医療費が高額になった場合は、払い戻しが受けられますから安心してくださいね。

わからないことは、お住まいの市町村役場に問い合わせてみてください。

| 高額医療費と保険 | 00:00 | - | - | pookmark |
労災保険と高額医療費
仕事中や通勤途中の怪我や事故は、労災保険でまかないます。
労災保険の適用が認められるまでは、自費で治療を受けなくてはいけません。
その場合の治療費は、認定後、返還されます。
では、労災保険とはどういうものなのでしょうか。

労災保険とは、各都道府県の労働基準局、各地域の労働基準監督署が、窓口になっており、労働省が責任者になっています。
事業主は、労働者を一人でも雇っていれば、必ず労働保険に加入しなくてはいけません。
これは、法律上義務づけられていることです。
ただし、例外があります。
 ●農業関係で、労働者が5人未満の個人経営のうち、危険・有害な作業を行わない事業
 ●林業関係で、労働者を常用せず、使用する労働者が年間延べ300人未満の個人経営事務所
 ●水産関係で、災害発生の少ない特定の水面などにおいて、総トン数5トン未満の漁船により操業する、労働者5人未満の個人経営事務所
上記に当てはまる場合は、事業主及び労働者の意思によって、加入するかどうかを決めることが出来ます。

労災保険を使用すれば、治療に関する費用は全て医療機関に、労災保険から支払われます。
自己で負担するものはありませんし、健康保険は関係がないため、高額医療費になっても高額医療の請求等は関係ありません。

社会保険には、労災保険の他にも、医療保険・年金保険・雇用保険・介護保険などがあります。
保険制度は、常に改正されています。
どのような場合にこれらの保険が使われるのか、また高額医療や医療費控除が受けられるのかは、常に情報を集めておいたほうが良いでしょう。

| 高額医療費と保険 | 00:00 | - | - | pookmark |